HC_KYOTO

ヒューマンイノベーションで駆け抜ける

【今話題】お寺カフェやお寺レストラン

【今話題】お寺カフェやお寺レストラン

近年、境内にお食事どころやカフェを持つお寺が増えてきました。

今まではお寺へ訪問する理由といえば、お参りと名のつく行事、お坊様のお話を聞きにいくこと、式典、供養などが一般的でしたよね。

ですがここ最近では、お食事やカフェを目的にお寺へ訪問する方々も増え、SNSなどで話題になっているお食事どころやカフェも多く見受けられます。

いつの間にかお寺カフェ、お寺レストランが「馴染みのあるもの」になってきました。

さまざまな意見や考え方があり、どれも尊重すべきことかと思うので、何が正解かはきっと誰にもわかりません。ですが個人的には、お寺に訪れる人が増えることは、大変喜ばしいことと感じます。

醍醐寺内のカフェ「Sous le cerisier〜桜の樹の下で〜」

美味しいお食事や、素敵な写真を撮りに行くことが一番の目的でも、寺院に来たならまずはと周りにならって仏様に手を合わせる方々がほとんどかと思います。

今まで参拝に「馴染みがなかった」人たちが手を合わせることが増えていく。

仏教について難しさを感じていたり、別世界のものだと感じていた人が、だんだんと理解を深めていく。

そしていつの間にか仏教とは案外身近なものなのだと気付き、さまざまな事柄に感謝し、慈しみの気持ちや小さな喜びが湧いてくる。

お寺カフェやお寺レストランは、時代に合わせたきっかけ作りをし、長く受け継がれてきたものを後世に残すための工夫が成功している素晴らしい例だなと思います。

カフェの窓から見える風景、春は桜が大変美しい

実はHCKYOTOのスタッフも、京都のお寺にあるお食事どころやカフェのお手伝いに入らせていただいています。毎日さまざまな方に接客させて頂くことで、多くのものを得る日々に感謝します。

お寺に来たらまずは参拝がベター、それからほっこり、レストランやカフェで穏やかな時間を過ごしてくださいね。